Japan Foundation Bangkok

土門拳、木村伊兵衛ら日本を代表する 写真家の眼(レンズ)を通して激動の時代を振り返る 写真展『戦後日本の変容』展

土門拳、木村伊兵衛ら日本を代表する

写真家の眼(レンズ)を通して激動の時代を振り返る

写真展『戦後日本の変容』展

 

 

国際交流基金バンコク日本文化センターは、日本を代表する写真家11人による写真展『戦後日本の変容』展(Metamorphosis of Japan After the War: 1945-1964)をバンコク、チェンマイで開催いたしました。

 

1945(昭和20)年、荒廃した国土から再出発した戦後日本は、1964(昭和39)年の東京オリンピック大会開催までの20年間に劇的な変貌を遂げ、経済大国への道を歩むまでになりました。この時代は、民主化によって自由な写真表現が息を吹き返し、また新しい才能が戦後写真を切り開いてゆく、まさに創造的エネルギーに満ち溢れた20年間だったと言えます。

 

本展では、土門拳、木村伊兵衛、東松照明など日本を代表する11人の写真家によって撮影された123点のモノクロ写真を、「敗戦の余波」、「伝統と近在のはざまで」、「新しい日本へ」の3章構成で展観し、激動の時代を振り返りました。

 

錯綜する時代状況を如実に物語る写真の数々――。芸術性と記録性を兼ね備えた日本文化の一端として、多くのタイ人の方々に鑑賞いただけた機会となりました。

 

写真展『戦後日本の変容』展

[出品作家]
石元泰博、川田喜久治、木村伊兵衛、田村武能、東松照明、土門拳、長野重一、奈良原一高、濱谷浩、林忠彦、細江英公
●チェンマイ●
[会期]
2016年7月8日(金)~8月28日(日)
09:00~17:00 (月曜・祝日休館)
[会場]
チェンマイ大学アートセンター
2F 329 Nimmanhaemin Road  TEL 053-218-280
[オープニング]
2016年7月8日(金) 17:00~
オープニング特別講演 「日本の激動の時代を振り返る」
講師: アタチャック・サタヤーヌラック教授(チェンマイ大学人文学部)
[来場者数] (オープニング)101名、(展示会期)2,412 名
●バンコク●
[会期]
2016年9月17日(土)~10月14日(日)
10:00~19:00 (月曜・祝日休館)
[会場]
ラーチャダムヌン・コンテンポラリーアートセンター(RCAC)1FゾーンB
84 Rachadamnoen Klang Avenue, Bowonniwet TEL 02-224-8030 ext.202
[オープニング] 2016年9月17日(土) 16:00~

写真キャプション:

(左から) 土門拳「紙芝居、東京」(1953)、川田喜久治「<地図>原爆ドームと太田川」(1960-1965)、

奈良原一高「<王国>沈黙の園、No.52、函館、北海道」(1958)、木村伊兵衛「秋田おばこ、大曲、秋田」(1953)

 

●チェンマイ●

 

オープニング特別講義「日本の激動の時代を振り返る」にて

 

本展示会の意義や特色について熱弁するアタチャック・サタヤーヌラック教授

 

(写真左から)吉岡、在チェンマイ総領事 青木氏、アタチャック・サタヤーヌラック教授

 

オープニングセレモニーの様子

 

展示会の写真に見入る観客たち

 

日本人の方々にも多くご来場いただいた

 

意見を交わしながら観賞する来場者の様子①

 

意見を交わしながら観賞する来場者の様子②

 

木村伊兵衛「秋田おばこ、大曲、秋田」(1953)に特に関心を示す観客の様子

 

●バンコク●

 

オープニング:アーク・フォンサムット氏による作品紹介および説明の様子

 

フォトセッション

 

題材の影響もあり、来場者数の伸びがあまり見られなかったが

実際に観賞した観客からは高い評価を得ることができた。

 

意見を交わしながら観賞する来場者の様子③

 

カタログ展示の様子

 

写真家たちの生い立ちやプロフィールに見入る観客の様子

 

[主催]

国際交流基金バンコク日本文化センター

 

 

[共催]

タイ文化省現代芸術文化局(OCAC)

チェンマイ大学アートセンター

 

 

[後援]

在タイ日本国大使館

在チェンマイ日本国総領事館

 

 

back to page pageTop