Japan Foundation Bangkok

オンライン日本語コンテスト 「ストーリーテリング15×15」

 

オンライン日本語コンテスト

「ストーリーテリング15×15」

 

オンライン日本語コンテスト「ストーリーテリング15×15」とは

1枚当たり20秒で、20枚のスライドを用いて話を展開させていく「ぺちゃくちゃ」というプレゼンテーション形式をヒントに生み出された「国際交流基金バンコク日本文化センター」オリジナルのコンテストです。

 

オンライン日本語コンテスト「ストーリーテリング15×15」では、事前に提示された100枚の写真の中から15枚を選び、1枚につき15秒、すなわち15枚×15秒で、独自性・創造性あふれるストーリーを描き出し、2人1組で発表してもらいます。

 

今回タイの中等教育機関から15校(15チーム)、30名の高校生の参加が決まりました。また、その15校には日本語パートナーズOB・OG、15名がそれぞれの学校のサポーターとして、約1か月間、日本からオンラインで学生の発音や表現等の指導を行います。

 

大会当日は、タイ全土に広がる参加校15校と中継し、発表をしてもらいます。また大会の様子はYouTubeにて全世界に無料配信します。一体どんなストーリーが展開されていくのでしょうか。

※クリックで拡大します。

「ストーリーテリング15×15」ルール説明動画

 

 

 

日本語パートナーズ事業紹介

 

 

大会概要

日程: 2020年12月19日(土)
時間: (タイ時間) 午前10~12時、(日本時間) 午後12~2時
視聴方法: YouTubeにてオンライン無料配信
出場者: タイの高校生30名(15校から2人1組で出場)
開催場所: JFBKKのYouTubeチャンネル

 

参加校

   

   

   

   

   

※学校名アルファベット順

 

~JFBKK YouTubeチャンネルはこちらから⬇~

 

         
   

back to page pageTop