Japan Foundation Bangkok

“REVISITED < > DEPARTED”

ナウィン・ラワンチャイクン個展

REVISITED < > DEPARTED

特別トークイベント

 

 

 

この度、国際交流基金バンコク日本文化センターは、BANGKOK CITYCITY GALLERYとの共催の下、タイを代表するアーティストのひとりであるナウィン・ラワンチャイクンの個展“ REVISITED < > DEPARTED ”開催にあわせ、ナウィンと縁のある専門家、後小路雅弘氏(美術史家・九州大学大学院人文科学研究院教授)および徳山拓一氏(森美術館アソシエイト・キュレーター)をお招きした特別トークイベントを実施いたします。

 

本展アーティストのナウィン・ラワンチャイクンは、チェンマイと福岡を主な拠点として、絵画、彫刻、映像など様々なメディアを用いて、アートに社会を引き込む作品や、コミュニティに深く根ざした作品を数多く発表してきました。彼の作品を複数回にわたり日本に紹介してきた2名の専門家とともに、これまでの活動を振り返りながら、社会とアートとの新しい関係を模索する方法について議論を深めていただきます。

 

展示会期中、2月・4月の二度に分けて実施いたします貴重なトークイベントとなっております。バンコク・チェンマイ二都市開催となりますので、皆さまお誘い合わせの上、是非会場へ足をお運び下さい。

 

専門家紹介

 

後小路雅弘(うしろしょうじ・まさひろ)

美術史家。九州大学大学院人文科学研究院教授。1954年福岡県生まれ。

九州大学文学部卒業後、1978年、福岡市美術館準備室学芸員となり、「アジア美術」展(第1回~第4回、1980~1994)をはじめ、「美術前線北上中――東南アジアのニューアート」展(1992)、「東南アジア――近代美術の誕生」展(1997)など、アジアの近現代美術の紹介に取り組む。1999年、学芸課長として福岡アジア美術館の設立に寄与し、開館記念展「第1回福岡アジア美術トリエンナーレ1999」を企画。2002年より現職。アジアの近現代美術を研究するかたわら、「モンゴル近代絵画」展(2002)、「アジアのキュビスム」展(2005)、「ベトナム近代絵画」展(2005)などのキュレーションに関わる。1994年の第4回「アジア美術」展において、ナウィンの作品を初めて日本に紹介した。

 

徳山拓一(とくやま・ひろかず)

森美術館アソシエイト・キュレーター。1980年静岡県生まれ。

2012年より京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで学芸員として勤め、2016年4月より森美術館に勤務。主な展覧会企画として、2016年グイド・ヴァン・デル・ウェルヴェ個展「無為の境地」、奥村雄樹個展「な」、2014年アピチャッポン・ウィーラセータクン個展「PHOTOPHOBIA」、2017年「SUNSHOWER:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」、2018年「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」。平成27年度京都市芸術文化特別奨励者。

 

トークイベント詳細

 

後小路雅弘氏によるトーク

 

バンコク:2019年2月17日(日)15:00 19:00

会場:モンティエン・アトリエ
(Montien Atelier, Nonthaburi)

モデレーター:Worathep Akkabootara
(“ REVISITED < > DEPARTED ”展キュレーター)

 

チェンマイ:2019年2月18日(月)17:00 19:00

会場:ふれあいの場チェンマイ(ACS, Chiang Mai)

モデレーター:ソンポーン・ロートブン(チェンマイ大学美術学部教授)

 

 

徳山拓一氏によるトーク

 

チェンマイ:2019年4月5日(金)16:00 18:30

会場:MAIIAM Contemporary Arty Museum

モデレーター:クリッティヤー・カーウィーウォン

(ジム・トンプソン・アートセンター アーティスティック・ディレクター)

 

バンコク:2019年4月7日(日)17:00 23:00

会場:BANGKOK CITYCITY GALLERY

(ギャラリー外)

モデレーター:Worathep Akkabootara

(“ REVISITED < > DEPARTED ”展キュレーター)

※トーク後には、2017年の六本木アートナイトにおいて徳山氏のキュレーションで実施した「OKのまつり」を、個展のクロージングイベントとして開催いたします。

 

個展概要

Worathep Akkabootaraがキュレーションした当個展“ REVISITED < > DEPARTED ”では、ナウィンの人生で最も影響力のある2人の人物 – つまりは彼の父親と、彼の師でもありアーティストとしても名高い、Montien Boonmaとの親密な物語を織り交ぜた、まさに世代を超えた展示会となっています。壮大な肖像画の絵画、彫刻、漫画、映像、そしてコミュニティへの関与など、多岐にわたるメディアや要素を取り入れながら、世界各国の舞台で出展を重ねてきたナウィンの作品を、会場にてお楽しみ下さい。

 

【特別プレスセッション】

Friday February 15, 2019, 15:00 – 16:00 hrs. (Exhibition tour by artist and curator)

Friday February 15, 2019, 16:00 – 17:30 hrs. (Interview with artist and curator)

***ご来訪の際は事前に info@bangkokcitycity.com (英・タイ)までご連絡下さい***

 

お問い合わせ

国際交流基金バンコク日本文化センターThe Japan Foundation, Bangkok

10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Asoke-Montori Road, Bangkok 10110

Tel: 02-260-8560-4/ Fax: 02-260-8565 担当:桑原 (kuwahara@jfbkk.or.th)

共催:BANGKOK CITYCITY GALLERY、国際交流基金バンコク日本文化センター、ナウィン・プロダクション

協力:モンティエン・アトリ、MAIIAM Contemporary Art Museum、Jim Thompson Art Center

back to page pageTop