Japan Foundation Bangkok

『国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育紀要』

第6号( 2009年 9月発行 )

目次

特別寄稿

タイ国内でも使える日本語のヤマの指導
–『1日10分の発音練習』を例として–
河野 俊之

1

論文

受動受益的「~テモラウ」文とそれに対応するタイ語の表現 Sirilak SUJIWARODOM

11

日本語学習者の作文産出に対するビリーフとストラテジーの特性 –タイの大学生の場合– 石橋 玲子 23
複合動詞後項「~たつ」の意味
–文法化の観点から–
小浦方 理恵 33
タイの高校で求められる日本人日本語教師像
–学生とタイ人教師の視点から–
中井 雅也 43
日本語談話における助詞「ネ」の「注視要求」の機能 Asadayuth CHUSRI 53
言語の中の文化
–タイ人及び日本人の日本語のほめの相違の対照研究–
Bussaba BANCHONGMANEE 65

実践・調査報告

タイ人初中級話者の「N1のN2」の使用
–発話時に見られる誤用「N 2のN1」を中心–
水野 吉徳

77

バンコクにおける鈴木忍と『簡易日泰会話』 齋藤 正雄 87
初級後期・日本語学習者の「助詞」に関する理解と定着度
–中間テストにおける解答行動を手懸りに–
森 康眞 97
「ラチャパットの日本語教育を考える会」による
ラチャパット大学開講科目調査
春野 愛、東野 佳与、花井 慎行 107
日本人教師が感じているタイ人学習者の発音の問題点と
その具体例
千葉 真人、佐藤 純、大田 真也 115
タイにおける旅行会社の日本語広告に見られる漢字の出現頻度
–日程・費用・条件等を対象として–
千葉 真人 125
日本人と働いたタイ人教師の気持ち
–JENESYS若手日本語教師受入担当教師への インタビュー結果–
内山 千尋 135
タイの初中等教育外国人教員に対する外国人教員免許の
保持規定について
–制度概要と関係法規の日本語訳–

海老原 智治 145
タイの大学の教育学部における日本語教員養成と
日本語教育科目のデザイン
西野 藍

Tawat KHAMTHONGTHIP

Supalak KRITSANANON

155
日本語クラブから創られる教師像
–教師志望の動機はどのように現れるのか–
伊牟田 翼 165
研究ノート
ピア・レスポンスにおける有効なグループ編成
–タイ人中級学習者の場合–
前野 文康、伊牟田 翼 175
要旨 181

back to page pageTop