Japan Foundation Bangkok

『国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育紀要』

第4号( 2007年 8月発行 )

目次

特別寄稿  

コミュニケーションのための日本語教育文法
――日本語教育の常識を疑おう――
野田尚史

1

論文  

タイの大学と日本の大学における第二言語と しての日 本語教育文化比較 Somporn GOMARATUT

19

表記上の誤用からタイ人日本語学習者の 有声音・無声音 の捉え方を考察する  ― 「カ行・ガ行音」「タ行・ダ行音」 「パ行・バ行 音」を中心に ― 宮原三保子

33

タイ人学習者向け初級聴解教材開発のた めの基礎研究( 2 )
―聴き取りにくい音素をめぐる指導法―
Sukanya THONGDEENOK

43

間投助詞「ネ」の機能と使用条件 Asadayuth CHUSRI

55

タイ人学習者のための初級文法項目の設定
―日本語教育文法の視点からの 4 つの案―
Kanokwan
Laohaburanakit KATAGIRI

Patcharaporn KAEWKITSADANG

Somkiat CHA
WENGKIJWANICH

Suneerat NEANCHAROENSUK

67

実践・調査報告  

タイの衛星放送による日本語授業のアンケート調査 宮岸哲也

79

タイにおけるビジネス日本語コースについての考察
― Waseda Education ( Thailand )での実践報告―
田中敦子

89

1940 年のバンコク日本語学校について
―資料紹介(日本語学校規則書)―
北村武士

Wilailuck TANGSIRITHONGCHAI

99

日本語初級クラス活動『会食授業』
―会話能力の向上を目指して
秋田英嗣

109

北部タイ日本語教師会  2006 年度活動報告
― 地域社会との連携を目指して ―
鈴木由美子

Saranya KONGJIT

海老原智治

川合友紀子

119

タイ北部中等教育機関におけるプロジェクト ワーク実践報告 ― ユパラートウィッタヤライ 校と京都府立 東宇 治高等学校と の文化交流プログラムから― 鈴木由美子

131

日本語・初級レベルにおける「聴解指導」の 在り方について
― 「聴取」から「聴解」への過程を重視する教室活動 ―
森 康眞

141

ラチャパット大学における日本語学習者の学 習リソース活用 池島真弓

松尾憲暁

武蔵祐子

151

仏暦 2542 年( 1999 )タイ国家教育法及び 仏暦 2545 年 ( 2002 )タイ国家教育法第 2 版
― 後半の日本語訳 ―
海老原智治

161

中級クラスにおける協働学習のアクション・リサーチ 大竹啓司

171

教室活動における日本語母語話者の位置 づけと組織 化についての振り返り
―教室内での実践共同体の構築をめざして―
松井孝浩

181

外国語としての日本語読解技能の教授 法と その実 践のし方 Napasin PLAENGSORN

191

コンケン大学教育学部日本語教員養 成課程にお ける漢字指導実践報告 有本昌代

203

コンケン大学教育学部日本語教育プログラムにお けるカリキュラム 坪根由香里

213

ラオスにおける日本語教師養成・現職教 師研修の試み 平田 好

223

他者評価と自己評価が学習者に与え る影響について
―日本語中級クラスにおける実践を通して―
林 朝子

233

要旨  

243

back to page pageTop