Japan Foundation Bangkok

『国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育紀要』

第2号( 2005年 8月発行 )

目次

特別寄稿  

学習者に「話せる!」という実感を与えるために
― 初級教育再考 ―
小山悟

5

論文  

タイ人日本語学習者の文末「よ」の聞き取り Promjit Niyomvanich

21

タイ語の「 caj 」について
― 日本語の「気」と比較して ―
Aradee Apiwongngam

37

「赤と白」が象徴する対象性  ― 『雪国』考 ― Nanchaya Mahakhan

47

単純なリピートが発音に与える効果
― 教室でのリピートはどの程度役に立つのか ―
千葉真人

佐藤純

57

実践報告  

観光学科の 3 年生の「カンチャナブリ模擬ツアー 」実践報告 大野直子

71

チェンマイ大学ガイド実習「チェンマイ半日ツアー」の試み 吉田直子

85

日本語教育的実践としての「インターネット・ホー ムページ・イーラーニング」
― 筆者の試行錯誤的経験に基づいて ―
森康眞

95

一般日本人・日本語アシスタントによる「日本 語教育活動」の意義
― 異文化間コミュニケーションと日本語学習 支援の立場から ―
森康眞

107

ウボンラチャタニ大学教養学部日本語学科 開設に向けての動き 池田隆

121

会話授業における個別フィードバックの効果 について  ― 学習者自身による会話の文字化を用いて ― 関裕子

131

タイの中等教育用日本語教科書作成プロジェクト Bussaba Banchongmanee

今枝亜紀

Prapa Sangthongsuk

147

研究ノート  

タイ人における日本語聴解教育の現状と課題 Sukanya Thongdeenok

159

流暢さと正確さ ― タイの大学での実践を踏まえて ― 藤井明子

165

文化リテラシーを身に付けるための授業設計のスト ラテジーと『あきこと友だち』 Prapa Sangthongsuk

八田直美

171

調査、研究資料、データ  

パソコンで日本語のアクセント記号が付いた 教材を作成する方法
― 組版用ソフトウェア T E X を用いて ―
松原潤

177

2004 年のタイ大学入試と日本語を受験科 目に指定した大学専攻 海老原智治

183

タイ国内日本人家庭ホームステイプログラムは 関わった人たちにどんな意義があったか
― 学習者・教師・日本人協力者 3 者の 調査報告 ―
深澤伸子

201

ビジネスで使う日本語を考える
-企業と教育現場の視点から-
タナサーンセーニー美香

高坂千夏子

當山 純

中井雅也

深澤伸子

207

要旨  

225

back to page pageTop