Japan Foundation Bangkok

国際交流基金バンコック日本語センター紀要

第1号( 1998年 3月発行 )

目次

論文

 ラ行のローマ字 “R” 表記に関する再考察 ― 試論: “L” 表記の可能性

 

伊野正洋 1
 タイにおける漢字教育への提言― 日本語漢字レベルテスト試案 ―

 

 亀山稔史 13
タイの高等教育機関における日本語教育― チェンマイ大学を例として ―

 

小西広明 27
タイ語の無意志下方移動表現

 

高橋清子 43

実践報告

 会話学習指導における問題点

 

 青沼国夫 49
 異文化間コミュニケーションの視点を導入 した作文指導

 

 櫛田佳子 59
 学校案内オリエンテーリング実践報告 ― 選択科目(総学習時間数 40 時間)の学生を対象として ―

 

 見上直子 67
 プロジェクトワークにおける学習者の個人評価について

 

 三浦多佳史 79
 文法教科書開発の経過報告  中村妙子

三浦多佳史

89
 ペア学習を活用した読解授業の試み

 

 斉藤三千代  97
 日本語教師研修実践報告― 教室活動の分析と加工をテーマとして ―  北村武士

斉藤三千代

109
 日本人協力者を招いての「カンチャナブリ模擬ツアー」実践報告  Sakesit Paksee,

Pattarasupar Siengyai

星井直子

 121

研究ノート

 日本語教師の国際貢献

 

 水野幸二 133
 弁論大会へ向けての指導法

 

 鈴木清美 137
タイ人学習者の書くひらがなの字形の特徴― 集計結果の分析 ―

 

吉田裕子 143

調査・資料

 カセサート大学付属中等学校における生徒の 日本語科目の選択理由と目的

 

 Laddawan Srisawatphong 149
 タイ中等学校日本語コースに関するアンケート 調査結果  原龍志

Noppawan Boonsom

Prapa Sangthongsuk

153
 日本語学習の理由― 泰日経済技術振興協会付属語学学校の場合 ―

 

 Somchai Sheung 159
 昭和十年代タイ国日本語教育史年表  Voravudhi Chirasombutti

北村武士

 163

要旨

167

back to page pageTop