Japanese Language
 

第48回日本語教育研修会(集中研修会)のご案内

          国際交流基金バンコク日本文化センターで、標記研修会を下記の要領で開催致します。「参加申込書」(←クリックしてください)に必要事項をご記入の上、郵便、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。10月3日(金)必着です
E-mail: 記入済みの「参加申込書」を添付しjldseminar@jfbkk.or.thまでお送りください。
件名を「Shuuchuu Kenshuu Oct 2014」としてください。
FAX : 確認のため、送付なさった当日中にお電話頂けますようお願い致します。

          今回はグループ活動を主体にした研修内容で、会場の収容人数に制限があることから、多数の応募があった場合には、参加者を制限させていただくこともあります。ご了承ください。
           参加者には、10月9日(木)頃までにE-mailにて参加確認書をお送りします。当日は参加確認書を必ずご持参ください。

1. 実施期間 :  2014年10月20日(月)~10月22日(水)9:00~16:00
2. 会 場 : 国際交流基金バンコク日本文化センター
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Sukhumvit 21 Rd., Bangkok 10110
Fax: 02-261-7505
3. 参加資格 : 日本語教育に従事する教師
4. 参加人数 : 80名
5. 参加費 : 無料
6. コース概要 :
中等教育機関で教える教師を対象に、より効果的な授業を行うための理論と方法を、2つのテーマから学ぶ。そして、セミナーで学んだ成果を参加者間で共有化する。
〔時間割〕
  10/20(月) 10/21(火) 10/22(水)
9:00~9:30 オリエンテーション
(阿部・アーパーポーン)
テーマ1
(福永・大谷)
発表準備・発表
テーマ2
(佐藤・アーパーポーン)
9:30~12:00 テーマ1
(福永・大谷)
12:00~13:00 昼休み
13:00~15:00 テーマ1
(福永・大谷)
テーマ2
(佐藤・アーパーポーン)
テーマ2
(佐藤・アーパーポーン)
15:10~16:00 まとめ・ふり返り
(阿部・アーパーポーン)
          10月20日(月)は8時30分から受付を開始します。
          研修が始まる9時までには必ず受付を済ませておいてくださるようお願いします。

テーマ1: 実践!効果的な基本練習とは-ARCSモデルを使おう!!
  授業設計の理論と方法論で、基本的な練習に焦点を当て、練習の目的や具体的な練習方法を実践的に学ぶ。さらに、学習意欲を喚起するARCS動機づけモデルについて学び、このモデルの練習への応用方法を具体的に考える。
テーマ2:タイ人教師と日本人教師のティーム・ティーチング
  ティーム・ティーチングの方法について、具体的な例を知る。また、タイ人教師と日本人教師の特性を生かした方法を、各自の現場に合わせて考えてみる。

 

お問い合わせ:Tel: 02-261-7500-4         (阿部洋子・佐藤五郎) 以上
   

The Japan Foundation, Bangkok
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Sukhumvit 21 Rd., Bangkok 10110, THAILAND
Tel: (662) 260-8560-4, Fax: (662) 260-8565
Website: http://www.jfbkk.or.th
Facebook: http://www.facebook.com/jfbangkok
Twitter: http://www.twitter.com/JFBKK

© copyright The Japan Foundation, Bangkok
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission