Japanese Language
 
さくら地方研修会(ウボンラーチャターニー)のご案内

          この度、国際交流基金バンコク日本文化センターでは、チュラロンコン大学、タマサート大学、コンケン大学、タイ国日本語日本文化教師協会(JTAT)と共催で、下記の研修会を開催致します。タイ語での講義が中心となりますが、日本人の日本語教員のみなさまも参加していただけます。参加ご希望の方は、「参加申込書」(←クリックしてください)に必要事項をご記入の上、郵便、FAXまたはE-mailにて当センターまでお送りください。12月7日(金)必着です。FAXでお申し込みの方は、確認のため、送付なさった当日中にお電話頂きますようお願い致します。E-mailでの申込方法は、必要事項を記入した「参加申込書」を添付し、件名を「Ubon Kenshu2012」とした上で、jldseminar@jfbkk.or.thまで送信ください。参加者の方には、12月12日(水)頃までにE-mailにて確認書をお送りします。

 
開催日:2012年12月15日(土)・12月16日(日)9:00~16:00
 
テーマ1 :実際の場面で使える文法の指導法
テーマ2 :タイ人学習者のための文法について考える-「受け身文」-
テーマ3 :文法力をはかる評価~テスト作成の留意点
  テーマ2はタイ語での講義となります。
 
講師: 阿部洋子(国際交流基金バンコク日本文化センター主任講師)
アーパーポーン・ナオサラン(国際交流基金バンコク日本文化センター専任講師)
 
日程: 12月15日 9時~12時  実際の場面で使える文法の指導法(阿部)
  13時~16時 タイ人学習者のための文法について考える
-「受け身文」-(1) (アーパーポーン)
12月16日 9時~12時  タイ人学習者のための文法について考える
-「受け身文」-(2)(アーパーポーン)
  13時~16時 文法力をはかる評価~テスト作成の留意点(阿部)
 
場 所: Laithong Hotel 50 Pichitrangsan Rd.,
A.Muang Ubonratchathani 34000
Ms.Suksom Tel. 089-280-4244、(045)264-271
Fax. (045) 264-270
Homepage: www.laithong.com
 
参加資格: 日本語教育に従事する教師及び大学等の教師養成課程の実習生
(日本人の方には修了証は発行されません。オブザーバーとしてご参加下さい。)
 
参加費: 無料 (二日間の昼食代の一部として、一人150バーツずつご負担いただきます。ご了承ください。)
 
申込書郵送先: Japanese Language Department, The Japan Foundation, Bangkok,
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Sukhumvit 21, Bangkok 10110
 
問い合わせ先: Tel/ 02-261-7500-4 Fax/ 02-261-7505  Ms.Abe
以上
   

The Japan Foundation, Bangkok
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Sukhumvit 21 Rd., Bangkok 10110, THAILAND
Tel: (662) 260-8560-4, Fax: (662) 260-8565
Website: http://www.jfbkk.or.th
Facebook: http://www.facebook.com/jfbangkok
Twitter: http://www.twitter.com/JFBKK

© copyright The Japan Foundation, Bangkok
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission