Japanese Language
 

2009年度第4回日本語教育セミナーのご案内


          このたび、バンコク日本文化センターでは下記のセミナーを行います。本セミナーへの参加を希望される方は、「参加申込書」(←クリックしてください)に必要事項をご記入の上、2月26日(金)必着で郵便またはFAXまたはE-mailで、当センターまでお送りください。

          E-mailで申し込みをする場合は、必要事項を記入した「参加申込書」を添付し、件名を「JLD Seminar2009 No.4」とした上で、jldseminar@jfbkk.or.thまで送信ください。また、FAXでお申し込みの方は確認のため、送付なさった当日中にお電話頂きますようお願い致します。

          会場の都合上、先着順(180名まで)となりますので、お早めにお申し込みください(参加申込書を郵送された場合は消印を参照します)。3月5日(金)以降にセミナー参加の可否をE-mail(希望者には手紙)で通知しますので、3月12日(水)までに通知が来ない場合は、下記までお問い合わせください。

          皆様からのお申し込みをお待ちしております。

以上

テーマ1
「プロフィシェンシー(Proficiency)重視の教育をめざす-「使える日本語」を身につけよう!-」
テーマ2
「新日本語能力試験とタイの日本語教育」
講 師:
テーマ1 
嶋田和子講師
(学校法人国際青年交流学園イーストウェスト日本語学校副校長)
テーマ2 三浦多佳史講師
(国際交流基金バンコク日本文化センター主任講師)
対象者:
タイ国において日本語教育に従事する教師及び大学等の教師養成課程の学生
使用言語:
日本語(講義は日本語。タイ語サマリー通訳あり。タイ人教師、日本人教師どちらも参加可能)
日 時:
2010年3月18日(木)
テーマ1 午前の部 8:45~12:00 -昼休み- 午後の部 13:15~16:30
テーマ2 午前の部 9:45~12:00 -昼休み- 午後の部 13:15~15:30
※午前と午後はそれぞれ同じ講義内容ですので、入れ替え制で行います。どちらの講義を先に受けて頂くかについては、こちらで決めさせていただきます。
場 所:
国際交流基金バンコク日本文化センター D・E教室(テーマ1)  /
図書館(テーマ2
申込書郵送先:
Japanese Language Department,
The Japan Foundation, Bangkok,
10th Fl. Serm-Mit Tower,
159 Sukhumvit 21,
Bangkok 10110
問い合わせ先: Tel/ 02-261-7500-4 Fax/ 02-261-7505
Ms. Shibuya(日本語)、Ms.Chanida(タイ語)

  • テーマ1
    プロフィシェンシー(Proficiency)重視の教育をめざす-「使える日本語」を身につけよう!―

内容
「プロフィシェンシー重視の日本語教育」とは、学習者が日本語を使って「何が、どのように出 来るか」を重視した教育のことを言います。そのためには、どのようなことが教師に求められる のでしょうか。OPIのコンセプトを紹介し、さらに教育現場での事例をもとに授業の組み立て方、進め方について考えていきます。

嶋田和子(Kazuko SHIMADA)講師紹介
学校法人国際青年交流学園イーストウェスト日本語学校副校長。津田塾大学英文科卒。放送大学 大学院文化科学研究科修了。専門は日本語教育および口頭表現教育。ACTFL-OPIトレーナー。社団 法人日本語教育学会教師研修委員会委員長。主な著書は、『アカデミック・ジャパニーズの挑戦』 (共著、ひつじ書房、2006)、『目指せ、日本語教師力アップ―OPIでいきいき授業』(ひつじ書房、2008)、『プロフィシェンシーを育てる―真の日本語能力をめざして』(共著、凡人社、2008)、『LIVE from TOKYO―生の日本語を聴き取ろう』(共著、ジャパンタイムズ、2009)。

午前の部 午後の部
8:45 受付開始 13:15 受付開始
9:10 開会・事務連絡 13:40 開会・事務連絡
9:20 -11:45 講義(途中休憩無し) 13:50 -16:15 講義(途中休憩無し)
11:45 -12:00 質疑応答と意見交換 16:15 -16:30 質疑応答と意見交換

  • テーマ2
    新日本語能力試験とタイの日本語教育

内容
今年の7月から日本語能力試験が新しくなります。タイは世界でも4番目に受験者の数が多い国です。新しい能力試験はどんな試験だろう、と思っている人も多いことと思います。このセミナーでは新しく始まる日本語能力試験について、今までと何が違うのか、分かりやすく説明します。

三浦多佳史(Takashi MIURA)講師紹介
国際交流基金バンコク日本文化センター主任講師。
ウェブサイト「日本語教師お役立ち情報室」
http://homepage3.nifty.com/miuratakashi/
 主宰

午前の部 午後の部
9:45 受付開始 13:15 受付開始
10:10 開会・事務連絡 13:40 開会・事務連絡
10:20 -11:45 講義(途中休憩無し) 13:50 -15:15 講義(途中休憩無し)
11:45 -12:00 質疑応答と意見交換 15:15 -15:30 質疑応答と意見交
   

The Japan Foundation, Bangkok
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Sukhumvit 21 Rd., Bangkok 10110, THAILAND
Tel: (662) 260-8560-4, Fax: (662) 260-8565
Website: http://www.jfbkk.or.th
Facebook: http://www.facebook.com/jfbangkok
Twitter: http://www.twitter.com/JFBKK

© copyright The Japan Foundation, Bangkok
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission