Japan Foundation Bangkok

JFシアター(5月) テーマ:旅行

 

2019年5月3日(金)

『十五才 学校IV』 2000年 120分 監督: 山田洋次

・出演:金井勇太、麻実れい、赤井英和、秋野暢子、笹野高史、梅垣義明、大沢龍太郎、小林稔侍、丹波哲郎 他

 

不登校の状態である中学3年生の主人公川島大介は、ある日、九州の屋久島にある樹齢七千年を超えると言われる縄文杉を見に行くことを決め、両親に内緒で初めてのひとり旅に出る。大介は、横浜郊外のインターチェンジからヒッチハイクを始めるのだが…。屋久島の縄文杉を目指して悪戦苦闘の旅を続ける少年と様々な人々との交流を温かい眼差しで描いたドラマ。

 


 

 

 

2019年5月10日(金)

『アドレナリンドライブ』 1999年 112分 監督:矢口史靖

・出演:安藤政信、石田ひかり、松重豊、真野きりな、角替和枝 他

 

ヤクザの金2億円を巡って、平凡な男女が巻き起こす騒動を描いたコメディ。99年度ベルリン国際映画祭ヤングフォーラム部門、香港国際映画祭、シアトル国際映画祭、ブリスベン国際映画祭、バンコク映画祭コンペティション部門、台北映画祭出品作品。

 

レンタカー屋で働くごく平凡な青年・悟は、ある日、黒岩というヤクザのジャガーに車を追突させ、事務所に連れて行かれてしまう。ところが、そこでガス爆発が発生。奇跡的に生き残った彼は、偶然、事務所の表に居合わせた人生超地味な看護婦・静子と共謀して、混乱に乗じてヤクザの闇金2億円を盗み出す。警察の取り調べをかわし、2億円をゲットしてほくそ笑むふたり。と思いきや、静子の勤める病院に運ばれていた重傷の黒岩がチンピラ6人組を使って彼らに迫ってきた。捕まったら殺される!悟と静子はチンピラたちの追跡を切り抜け、高原のホテルへと逃げるのだが…。

 


 

 

2019年5月17日(金)

『ひみつの花園』 1997年 83分 監督:矢口史靖

・出演:西田尚美、角替和枝、利重剛、田中要次、鶴田忍 他

 

三度のメシより金が好きなOLが、5億円の入ったスーツケースを手に入れるためにあくなき挑戦を繰り広げる姿を描いた爆笑コメディ。幼い頃からお金を数えるのが大好きだった咲子は、短大を卒業後、銀行に就職。これでたくさんのお金に囲まれて幸せな生活が送れると思っていた咲子は、突然の銀行強盗事件に巻き込まれ、人質になってしまう。ところが、彼女を乗せた犯人の車が青木ヶ原の樹海で横転爆発し、咲子は5億円の入ったスーツケースもろとも吹き飛ばされ、樹海の奥深くまで流された。奇跡的に生還を果たし、半年のリハビリを経て仕事に復帰した咲子は、すっかり怠け癖がついてしまい、毎日をのんべんだらりと過ごすようになる。そんなある日、盗まれた5億円が犯人の車と一緒に焼失したと報じていたテレビ・ニュースを見た咲子が、樹海での記憶を甦らせた。5億円は焼失などしておらず、彼女と一緒に川に流され、樹海のどこかに今も眠っている。生きる希望を見つけた彼女は、単独で5億円引き上げ作戦を開始するが…。

 


 

 

 

2019年5月24日(金)

『百万円と苦虫女』 2008年 121分 監督:タナダユキ

・出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成 他

 

「さくらん」の脚本家タナダユキが監督、「ニライカナイからの手紙」「フラガール」の蒼井優主演で送る青春ムービー。短大を卒業後、就職もできずフリーター生活を送る鈴子。ひょんな事件から家族の元を離れ、100万円を貯めるごとに引越しを繰り返す生活を始める。様々な人との出会いを通じ、鈴子は少しずつ人の心の温かさに触れて成長していく…。

 


 

 

 

2019年5月31日(金)

『鉄塔 武蔵野線』 1997年 115分 監督:長尾直樹

・出演:伊藤淳史、内山眞人、菅原大吉、田口トモロヲ、麻生祐未 他

 

小学校6年の見晴は両親が離婚するため、東京・保谷から長崎へ引っ越すことになっていた。東京最後の夏休み、見晴は近所の鉄塔に掲げられた“武蔵野線71”というプレートを発見する。そのとなりの鉄塔には“武蔵野線70”という文字。もうすぐ別居する父も鉄塔が好きだった。見晴は2年下の暁とともに、鉄塔の番号を逆にたどる旅に出る。鉄塔を見つけたら、そのすぐ下にビールの王冠を埋めていくのだ。しかし自転車がパンクし、日も暮れてきたことから、不安になった暁は家に帰ってしまうが…。

back to page pageTop