『国際交流基金バンコク日本文化センター日本語教育紀要』

第7号( 2010年 11月発行 )

This image has an empty alt attribute; its file name is pic01_2010.jpg

目次

特別寄稿

プロフィシェンシー重視の教育をめざす ――「使える日本語」を身につけよう――嶋田 和子1

 

論文

  
日本語学習者の作文の誤用への気づきと修正石橋 玲子11
タイの高校における日本語学習者の日本語学習に対するビリーフ ――バンコクにある国立高校の日本語学習者を対象に――Supornpan Jitbantao21
談話における「~てくれる」と「~てもらう」の習得 ――タイ語を母語とする学習者を中心に――Tewich Sawetaiyaram31
タイ中等教育における日本語学習動機と学習行動との関係 ――積極的に学習行動を行う上位郡と下位郡の比較――吉川 景子41
   

 

実践・調査報告

  
バンコクに拠点をおく日本語ガイドに求められるもの ――ベテランガイドへのインタビューに基づいて――千葉 真人、高田知仁

51

ピア・ラーニングにおける「ファシリテーターとしての教師」 ――理論と実践からみる教室内における二つのファシリテーション――加藤 伸彦61
専門職としての日本語教員の養成 ――タイ・コンケン大学の事例研究――西野 藍、平田 真理子71
タイ日教師間の協働に焦点を当てたワークショップの実践 ――第15回ラチャ会セミナーを通して――松尾 憲暁、香月 裕介81
タイ人日本語学習者の発話に見られる標識水野 吉徳91
コース・シラバスから見た「観光日本語」科目の概要・目標・内容 ――選択必修科目コースを有するタイの大学を事例に――森 康眞101
日本語学習者のためのディベート活動デザイン ――かみ合った議論を目指して――大野 直子、吉澤 明子111
中等教育機関の日本語選択コース教材作成にあたっての 調査結果報告Prapa SANGTHONGSUK、 三浦 多佳史、渋谷 実希121
タイにおける日本語教育とタイ国日本語教育研究会の歩み ――過去20年間の資料編纂を担当して――齋藤 正雄129
グループワークを取り入れた中上級の作文指導 ――メディア教材を利用して――武井 啓子139
海外学習環境における学習リソースについての一考察 ――タイ・日間を結んだ遠隔授業実践の改善を通じて――牛窪 隆太149
要旨 159

本冊をお持ちの方へ お詫びと訂正

『バンコク日本文化センター日本語教育紀要 第7号』の本冊につきまして、何点か訂正箇所があります。

    • 「タイ日教師間の協働に焦点を当てたワークショップの実践―第15回ラチャ会セミナーを通して―」執筆者のお名前に間違いがありました。正しくは、KATSUKI Yusuke氏です。
    • 「タイにおける日本語ガイドに求められるもの―ベテランガイドへのインタビューに基づいて―」ですが、正しいタイトルは、「バンコクに拠点をおく日本語ガイドに求められるもの―ベテランガイドへのインタビューに基づいて―」です。また、執筆者のお名前に記載漏れがありました。正しくは、千葉真人氏、高田知仁氏のお二人です。ご所属はSiam Universityです。
    • 「専門職としての日本語教員養成―タイ・コンケン大学の事例研究―」ですが、正しいタイトルは、「専門職としての日本語教員の養成―タイ・コンケン大学の事例研究―」です。また、P72 の図①で「ス キ」となっていますが、正しくは「スキル」です。

以上、深くお詫び申し上げますとともに、訂正させて頂きます。