J-Talk: Diggin’ Culture #10 | 越境するBL―日本と東南アジアの事例から

J-Talk: Diggin’ Culture #10

越境するBL日本と東南アジアの事例から

語り手:長池 一美(大分大学教授)

トークイベント概要

[日時]2021年2月20日(土)14:00~16:00(タイ時間)
[会場]YouTube上によるオンライン事業
[料金]無料
[使用言語]日本語・タイ語(逐次通訳付)
[登録]https://bit.ly/2Ll7NKv

ご関心のある方は、上記サイトより、事前登録をお願いいたします。
開催日の1日前に参加リンクをEメールにてお送りします。

今やタイでのBLドラマの経済効果は数十億バーツ規模とも言われ、タイ発のBLドラマ「2gether」は日本でも話題を集めています。また、一方、日本発のBLドラマ「チェリまほ」がタイで話題になるなど、BLは国境を超えて大きな広がりを見せています。BL文化の原点は70年代の日本と言われていますが、現在のこの国際的な展開の背景にはどのような変遷や文化交流があったのでしょうか。このたび、大分大学より長池一美先生をお迎えし、オンライン上でトークイベントを実施いたします。長池先生は国内外の日本研究学会において、BL研究に関する発表を多数なさっています。今回のJ-talkでは、日本文化としてのBLがどのようにタイをはじめとする東南アジアで受容されてきたのか、そしてBL比較研究から見えてくる日・ASEANの共通点や特質、日本研究の新たな研究分野としての可能性・展開についてお話しいただく予定です。学術的観点から一歩深くBLを考察できるこの機会に、是非奮ってご参加ください。

講師紹介

長池一美(ながいけ・かずみ)
大分大学国際教育研究推進機構教授。ブリティッシュコロンビア大学で博士号(アジア研究学)取得。専門は、マンガ研究、ポピュラー・カルチャー研究、比較文学、ジェンダー・セクシュアリティ。著書に “Fantasies of Cross-dressing: Japanese Women Write Male-Male Erotica”(Brill Academic Publishers, 2012)があり、そのほか編著、学術誌論文、翻訳多数。

問い合わせ先:国際交流基金バンコク日本文化センター 
松尾 matsuo@jfbkk.or.th *日本語、英語
主催:国際交流基金バンコク日本文化センター
後援:在タイ日本国大使館、タイ国日本人会(予定)

国際交流基金バンコク日本文化センター
The Japan Foundation, Bangkok
10th Fl. Serm-Mit Tower, 159 Asoke-Montori Road,
Bangkok 10110
Tel: 02-260-8560~3
Facebook: https://www.facebook.com/jfbangkok/
Website: http://www.jfbkk.or.th/?lang=ja