Japan Foundation Bangkok

日本映画祭 2019

日本映画祭 2019

 

1月24日(木)よりスタート!

 

バンコク チェンマイ プーケット

 

「日本映画祭」の季節が今年もやってきました!

 

国際交流基金バンコク日本文化センターでは、設立以来40年以上にわたりタイにおいて日本映画祭を実施していますが、今年もバンコク都、チェンマイ県、プーケット県の3地域にて厳選日本映画の上映を開催いたします。

 

オープニングは、「半沢直樹」、『私は貝になりたい』を手掛けた福澤克雄監督による“泣けるミステリー”の最高傑作、東野圭吾原作「新参者」シリーズ完結作である祈りの幕が下りる時をタイ初上映いたします。

 

この他にも、『曇天に笑う』(本広克行監督)や、『羊の木』(吉田大八監督)、『ミックス。』(石川淳一監督)、 『夜明け告げるルーのうた』 (湯浅政明監督)、『未来のミライ』 (細田守監督)、『焼肉ドラゴン』 (鄭義信監督)、『写真甲子園 0.5秒の夏』 菅原浩志監督トークイベント、シリーズ完結作『ちはやふるー結びー』(小泉徳宏監督)公開に伴う、過去2作品一挙上映および特別トークなど、手に汗握るサスペンスから、笑いあり涙有りの家族ドラマなど、多彩なラインナップと特別イベントで皆様をお迎えいたします。

 

全作品にタイトルにタイ語・英語字幕をつけております。是非、タイ人や他の国のご友人もお誘いあわせの上、劇場の大画面で映画をお楽しみください。タイ国内で日本映画をまとめて鑑賞していただける年に1度の機会を、どうぞお見逃しなく!

 

場所 会期 劇場
バンコク 2019年1月24日(木)~2月3日(日) セントラルワールド SFワールドシネマ
チェンマイ 2019年2月8日(金)~10日(日) MAYAチェンマイ SFXシネマ
プーケット 2019年2月22日(金)~24日(日) セントラルフェスティバルプーケット SFX シネマ

 

特別イベント

    • 『ちはやふる』シリーズ3部作一挙劇場上映!過去作品を見逃したという方、改めて劇場で見たいという方必見となっておりますので、是非ご来場下さい!
      ちはやふるシリーズ完結作公開を記念し、最新作を含む全3作品を1月26日(土)に連続上映いたします。
      過去作品を見逃したという方、改めて劇場で見たいという方必見となっておりますので、是非ご来場下さい!

 

    • 『ちはやふる』シリーズ小泉徳宏監督来タイ!
      1月24日(木)19:30より、セントラルワールドSFワールドシネマスカイロビーにて、日本映画祭2019オープニングセレモニーを飾るのは、『ちはやふる』シリーズで人気絶頂の小泉徳宏監督です。
      映画祭期間中は、1月26日(土)の3部作上映に合わせ、『ちはやふるー上の句ー』上映前、『ちはやふるー結びー』上映後にそれぞれ開催される特別トークイベントへご参加いただけます。(英語からタイ語への通訳有り)各作品を劇場でお楽しみいただけるだけでなく、監督との対面も叶うこの機会を、どうぞお見逃しなく!

 

  • 『写真甲子園 0.5秒の夏』菅原浩志監督トークイベント開催!
    1月27日(日)に上映される『写真甲子園 0.5秒の夏』へご来場いただいた方限定で、菅原監督の特別トークイベントへご招待いたします。イベントは同作品上映後に開催され、日本語からタイ語への通訳を予定しています。監督へのQAなど日本映画ファン必見のイベント内容となっておりますので、この機会をどうぞお見逃しなく!

 

ゲスト紹介

 

小泉徳宏監督 『ちはやふるー上の句ー』・『ちはやふるー下の句ー』・『ちはやふるー結びー』

 

 

1980年、東京都生まれ。ROBOT所属。2006年『タイヨウのうた』で劇場長編映画監督デビューを果たし、大ヒットを記録。08年に佐藤隆太主演『ガチ☆ボーイ』を発表し、国内に留まらず、海外での評価も高く数々の海外映画祭で上映された。以降、蒼井優・鈴木京香・竹内結子・田中麗奈・仲間由紀恵・広末涼子が出演した『FLOWERS』(10)、佐藤健主演の『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)を手掛け、同作では新人の大原櫻子を発掘した事でも話題に。脚本も担当した前作『ちはやふる[上の句][下の句]』(16)でも、新人や若手俳優を次々に起用していく先見性とその繊細で情緒豊かな演出手腕は、各方面から高い評価を受けている。これからの日本映画界を背負って立つ存在。

 

菅原浩志監督 『写真甲子園 0.5秒の夏』

 

 

北海道札幌市出身。

 

米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)芸術学部映画テレビ学科で映画製作・演出を学び、クームルーデ賞(優秀賞)を受賞して卒業。帰国後、1988 年に『ぼくらの七日間戦争』で監督デビュー。ブルーリボン作品賞、くまもと映画祭監督賞を受賞し、「日本映画100 本」の一本に選ばれる。2004 年公開の『ほたるの星』は、第16回東京国際映画祭コンペティションの公式参加作品であり、世界各国でも公開された。浅丘ルリ子主演の『早咲きの花』は、第19 回東京国際映画祭、豪州シドニー映画祭で公式上映され、国内外で高い評価を受けた。

 

上映作品

(1) 『ちはやふるー上の句ー』 小泉 徳宏(2016、111分)
(2) 『ちはやふるー下の句ー』 小泉 徳宏(2016、102分)
(3) 『ちはやふるー結びー』 小泉 徳宏(2018、128分)
(4) 『曇天に笑う』 本広 克行(2018、94分)
(5) 『人生フルーツ』 伏原 健之(2017、91分)
(6) 『夜明け告げるルーのうた』 湯浅 政明(2017、113分)
(7) 『未来のミライ』 細田 守(2018、100分)
(8) 『ミックス。』 石川 淳一(2017、119分)
(9) 『写真甲子園 0.5秒の夏』 菅原 浩志(2017、117分)
(10) 『祈りの幕が下りる時』 福澤 克雄(2018、119分)
(11) 『羊の木』 吉田 大八(2018、126分)
(12) 『焼肉ドラゴン』 鄭 義信(2018、126分)

 

開催都市・日程

 

 バンコク
日程
2019年1月24日(木) ~2月3日 (日)  
会場
セントラルワールド SFワールドシネマ
オープニング上映
『祈りの幕が下りる時』 (福澤克雄監督)1月24日(木)
入場料
120 バーツ
チケット販売
セントラルワールド SFワールドシネマのチケット窓口または
ウェブサイト(www.sfcinemacity.com1月14日より販売開始!
上映作品
上記リスト(1)~(6)、(8)~(12)の11作品
チェンマイ 
日程 2019年2月8日(金)~10日(日)
会場 SFXシネマ・MAYAチェンマイ
オープニング上映 『祈りの幕が下りる時』 (福澤克雄監督)2月8日(金)
入場料 80バーツ
チケット販売 MAYAチェンマイ SFXシネマのチケット窓口または
ウェブサイト(www.sfcinemacity.com1月14日より販売開始!
上映作品 上記リスト(3),(6),(7),(8),(10),(11),(12)の7作品
プーケット 
日程 2019年2月22日(金)~24日(日)
会場 セントラルフェスティバルプーケット SFXシネマ
オープニング上映 『祈りの幕が下りる時』 (福澤克雄監督)2月22日(金)
入場料 80バーツ
チケット販売 セントラルフェスティバルプーケット SFXシネマのチケット窓口または
ウェブサイト(www.sfcinemacity.com1月14日より販売開始!
上映作品 上記リスト(3),(6),(7),(8),(10),(11),(12)の7作品

 

PR用写真

 

『ちはやふるー結びー』
小泉 徳宏(2018、128分)


© 2018 “Chihayafuru” Film Partners
© Yuki Suetsugu / KODANSHA LTD.

 

 

『曇天に笑う』
本広 克行(2018、94分)


©2018 Laughing Under the Clouds Film Partners

 

 

『人生フルーツ』伏原 健之(2017、91分)


©東海テレビ放送

 

 

『夜明け告げるルーのうた』
湯浅 政明(2017、113分)

©2017 Lu Film partners

 

 

『未来のミライ』 細田 守(2018、100分)

 

 

 

『ミックス。』 石川 淳一(2017、119分)

©2017 “MIXED DOUBLES” Film Partners

 

 

『写真甲子園 0.5秒の夏』
菅原 浩志(2017、117分)


© シネボイス

 

 

『祈りの幕が下りる時』
福澤 克雄(2018、119分)

© 2018 The Crimes That Bind Film Production Committee
© Keigo Higashino/KODANSHA All Rights Reserved.

 

 

『羊の木』 吉田 大八(2018、126分)

©2018 “The Scythian Lamb” Film Partners
©Tatsuhiko Yamagami, Mikio Igarashi/KODANSHA

 

 

『焼肉ドラゴン』 鄭 義信(2018、126分)

©2018″YAKINIKU DRAGON” Film Partners

 

 

上映スケジュール、各作品のシノプシス・詳細は、当センターFacebookページをご覧ください。

国際交流基金バンコク日本文化センターFacebook:  https://www.facebook.com/jfbangkok/ (英・タイ語)

日本映画祭2019イベントページ: https://www.facebook.com/events/1318059408336797/(英・タイ語)

 

 

お問い合わせ

国際交流基金バンコク日本文化センター
TEL:+66-2-260-8560~4 FAX:+66-2-260-8565
担当:桑原(kuwahara@jfbkk.or.th)澤野(sawano@jfbkk.or.th

 

back to page pageTop