Japan Foundation Bangkok

JFシアター(3 月) : DIRECTOR – YOJI YAMADA (山田洋次)

2018 年 3 月 2 日(金)

『遙かなる山の呼び声』 1980年 124分 監督 山田洋次

  • 出演:高倉健、倍賞千恵子、吉岡秀陸、鈴木瑞穂、武田鉄也、渥美清 他
警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを描く。

北海道の酪農の町・中標津で、風見民子は一人息子を育てながら亡夫の残した土地で牛飼いをしている。激しい雨の降るある春の夜、一人の男が民子の家を訪れ、納屋に泊めてもらった。その晩、牛のお産があり、男はそれを手伝うと、翌朝、去って行った。夏のある日、その男がまたやって来て、働かせてくれと言う。男手のない民子は田島耕作と名乗るその男を雇うことにする。耕作は2年前、高利の金を借りて自殺した妻を悪し様に言う高利貸を殺し逃亡中だった⋯。


2018 年 3 月 9 日(金)

『キネマの天地』 1986年 117分 監督 山田洋次

  • 出演:中井貴一 、有森也実、 渥美清、 松坂慶子、 倍賞千恵子、三崎千恵子 他
松竹が大船撮影所50周年を記念して、昭和初期の蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす人々の姿をオールスターキャストで描いた作品。浅草の活動小屋で売り子をしていた小春は、松竹の監督に見出されて蒲田撮影所の大部屋女優となる。初めて見る撮影所での体験は何もかもが新鮮だった。やがてエキストラとして映画出演するようになった小春だったが、演技の経験のない小春は監督に怒鳴られ、挫けながらも、周りの人々の励ましもあって少しずつ女優として成長していく……。

2018 年 3 月 16 日(金)

『息子』 1991年 121分 監督 山田洋次

  • 出演:三國連太郎、 永瀬正敏、 和久井映見、田中隆三、 原田美枝子、 浅田美代子 他
「男はつらいよ」の山田洋次監督が、椎名誠の『倉庫作業員』を基に、田舎に住む父親と都会でフリーアルバイターを続ける息子との葛藤を描いた感動ドラマ。三國をはじめ、永瀬、和久井ら出演者たちの抑えた演技が冴え渡る。

東京でフリーアルバイターとして生活を送る哲夫。母の一周忌に岩手の田舎に帰るが、フラフラした生活に不満を持つ父・昭男とはギクシャクしたままだった。東京へ戻った哲夫は、下町の鉄工場で働き始める。そこで取引先の倉庫で働く征子と出会う。やがて、哲夫は征子が聾唖であることを知る……。


2018 年 3 月 23 日(金)

『学校』 1993年 128分 監督 山田洋次

  • 出演:西田敏行、竹下景子、萩原聖人、中江有里、新屋英子、裕木奈江、渥美清、大江千里、田中邦衛 他
 東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇をもつ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。

下町の一角にある夜間中学の教師・黒井は、卒業式も近づいたある日、卒業記念文集のための作文の授業を行う。原稿用紙にそれぞれの思いを綴る様々な職業、年齢の生徒たちの横顔を見ながら、黒井は彼らとの思い出を振り返る。孫もいる年になって入学してきた在日韓国人、ツッパリ少女、労働者、父は中国人、母は日本人で中国から移住してきた青年、自閉症で登校拒否児等。やがて給食の時間に、クラスの一員・イノさんが死んだという悲しい知らせが届く・・・。


2018 年 3 月 30 日(金)

『十五才 学校IV』 2000年 120分 監督 山田洋次

  • 出演:金井勇太、麻実れい、赤井英和、秋野暢子、笹野高史、梅垣義明、大沢龍太郎、小林稔侍、丹波哲郎 他