Japan Foundation Bangkok

JFシアター(11月): 大林宣彦監督作品 特集

2017年11月3日(金)
時をかける少女』 1983年 104分 監督 大林宣彦

  • 出演:原田知世、高柳良一、尾美としのり 他
ある日突然、時間を超える能力を持ってしまった少女の不思議な経験と悲しい恋を描く。筒井康隆の同名小説の映画化。

 

土曜日の放課後。掃除当番の芳山和子は実験室で不審な物音を聞きつけたが、中に人の姿はなく、床に落ちたフラスコの中の液体が白い煙をたてていた。そしてその不思議な香りに包まれた和子は気を失なう。保険室で気がつくと自分を運んでくれたクラスメイトの吾朗や一夫らと様子を見に行くが、実験室は何事もなかったように整然としていた。だが和子はあのラベンダーの不思議な香りだけは覚えていた。この事件から、和子は時間の感覚がデタラメになったような奇妙な感じに襲われるようになっていた⋯。


2017年11月10日(金)
『転校生』 1982年 112分 監督 大林宣彦

  • 出演:尾美としのり、小林聡美、佐藤允、樹木希林、宍戸錠、志穂美悦子 他
“男の子と女の子の体が入れ替わってしまった”思春期の中学生の男女を描いた青春映画。原作は山中亘の「おれがあいつであいつがおれで」。

 

広島県・尾道市。斎藤一夫は悪友たちと女子更衣室をのぞいたり悪ガキぶりを発揮するごく普通の少年である。そんな彼のクラスに幼なじみの斎藤一美が転校してきた。一夫と再会した一美は大喜びだが、子供の頃の恥部を知られている一夫にとっては大迷惑。その日の帰り道、神社の階段の上から二人はころげ落ちた。二人は意識をとり戻し、それぞれの家に帰るのだが、二人の体が入れ替わっていることに気がつき、愕然とする⋯。


2017年11月17日(金)
『あした』 1995年 142分 監督 大林宣彦

  • 出演:高橋かおり、林泰文、宝生舞、峰岸徹、村田雄浩、洞口依子、原田知世、多岐川裕美、岸辺一徳、植木等 他
死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。新・尾道三部作の第二弾。

 

小型客船・呼子丸が嵐の中で遭難し、乗客9名全員が行方不明になってから三か月。残された恋人、夫、妻、家族の元に、「午前0時、呼子浜で待っている」という不可解なメッセージが届く。死者たちとの“約束”を信じて、ひとり、またひとりと桟橋の待合所には人が集まって来た。それぞれの想いと思惑が交錯するなか、“約束”の時間が近づいた⋯。


2017年11月24日(金)
『北京的西瓜』 1989年 135分 監督 大林宣彦

  • 出演:ベンガル、もたいまさこ、柄本明、斉藤晴彦、呉越、藩慶林
ある八百屋夫婦と在日中国人留学生たちとの心暖まる交流を描く。林小利と久我山通原作の実話に基づいた映画化。

 

船橋市郊外の青果業・八百春の主人春三は、李中山という中国留学生と知り合ったことから彼等の苦しい生活を見兼ねて援助の手を差し伸べた。最初は軽い気持ちでやった春三だったが次第に自らの生活までも犠牲にするようになった。留学生たちは彼を「日本のお父さん」として慕うが、女房の美智の負担は重くなり、挙句の果て店や家庭の危機にまで発展してしまう…